京都下鴨ちりめん山椒・京佃煮 す ぐ り 

 〜祇園の割烹で30年に渡り料理長を務めた初代の味〜
飲食業オーナー様へ

■HOME

■すぐりについて

■商品のご案内

■ご購入の方法

■業務用・卸取引


◇ギフト

◇メディア掲載

◇お問い合わせ


前のページに戻る
◇美味しい活用方法


『ご飯のお供、お酒のおつまみに』
『お豆腐、サラダ、パスタなどの薬味・調味料に』

すぐりのちりめん山椒・京佃煮はお料理の中において、食材として、あるいは薬味や調味料としての役割で使われています。すぐりでは特にご飯(お米)、お酒、豆腐の3つとの組み合わせが最も相性が良いと考え、皆様におすすめさせていただいています。それらの業界の専門誌からも相性の良さを高く評価いただき、取り上げられています。その他、サラダやパスタ、チャーハンといった意外な料理にも使われています。すぐりのちりめん山椒・京佃煮は様々なお料理で活用できるものとして、食や酒の専門家の方々にも情報サイトなどで度々掲載いただいています。


ご飯のお供



ちりめん山椒




ちりめん佃煮




山椒昆布



食の専門家の岸朝子さんにご飯のお供として
美味しい食べ方が紹介されています。(詳細)



食の専門家の小倉朋子さんにご飯のお供として
美味しい食べ方が紹介されています。(詳細)





豆腐のお供



ちりめん佃煮





お酒のお供
(おつまみ)




ちりめん山椒
ちりめん佃煮




日本酒・ワインの専門家の友田晶子さんにお酒の
おつまみとして美味しい食べ方が紹介されています。(詳細)



日本酒の専門家の近藤淳子さんにお酒の
おつまみとして美味しい食べ方紹介されています。(詳細)





■その他の活用方法

ご飯・お酒・豆腐以外にも美味しい活用方法があります。
比較的多い事例としては、サラダやパスタにあえる形です。
また、チャーハンに混ぜて、和風チャーハンにされることもあります。


すぐりのちりめん山椒・京佃煮の様々な美味しい
活用方法が情報サイトで専門家より紹介されています。


(詳細)





(詳細)





食の専門家による掲載一覧はこちら








京都下鴨
す ぐ り
〒606-0802 京都市左京区下鴨宮崎町82
TEL・FAX 075-711-5876







このページのトップへ


Copyright(C)2008 すぐり. All rights reserved.